早めの治療 | エイズ検査は匿名でも可能|性病チェックで命を守る体制

エイズ検査は匿名でも可能|性病チェックで命を守る体制

ドクター

早めの治療

女性

性病にかかってしまった、もしくは性病の可能性があるという場合、早めに対応を行うことが大切です。早めに病院に行ってどのような症状があるのか、お医者さんに相談し、対応を行うことが必要です。処方された薬を飲むことにより、一気に症状が改善されることもあります。病気によっては、長期に渡り薬を服用することが必要な物もあります。その時も、自分で薬をやめるのではなく、長期的に薬を飲んでいくということが必要です。しかし、薬を辞めた途端に、また症状が悪化するということもあります。万が一、薬をやめたいと感じた場合は、医者に相談を行って断薬を行います。

自分が性病の可能性があるというような場合は、性行為は控えることが大切です。性行為をすることによって、他の人にうつす可能性もあるので、病気によっては人生を左右するような重大なことになりかねません。パートナーのためにも、何より自分のためにも早めに病院に行くことが大切です。また、クラミジアの場合、自宅で簡単に感染を検出することができるキットがインターネット上で販売されています。恥ずかしくて病院に行きづらいというような場合、自分で検査を行い検査の結果を見てから病院に行くという方法もあります。男性用も女性用も一緒になっているので、パートナーと一緒に調べるということが可能です。結果は色のついた線で表され、線の色によって判断することができます。また、時間が経過すると判断が無効になることもあります。しっかりと使い方を読んで、正しく使っていくことが大切です。